アイキララも使い方を間違えると効果なし

アイキララ,使い方
アイキララは簡単に目の下のクマやたるみをケアできるアイクリームとして人気を集めています。

 

実際に使ってみた人の口コミでも非常に評判が高く、アンケートでも8割以上の人の高評価を得ています。
アイキララ,使い方
そんなアイキララですが、使い方を間違えると効果を実感できません。

 

そこでここではアイキララの使い方で特に間違ってはいけない部分について紹介します。

 

アイキララでの使い方で一番間違ってはいけないのは使う順番

アイキララ,使い方

アイキララはかならず油分の多い化粧品の前に使用してください。

 

アイキララで期待通りの効果を実感できない原因で特に大きいのがアイキララの使う順番の間違いです。

 

アイキララで毎朝のケアをする時などに同時にメイクをする場合には必ず油分の多いアイテムの前にアイキララを使うようにしてください。

 

なぜならアイキララの前に油分の多い乳液やオールインワンタイプの化粧品などを使うと、油分がアイキララの成分を肌に浸透するのを妨げてしまうことになるからです。

 

正しいアイキララの使い方と順番

アイキララ,使い方

1.洗顔

普段使っている洗顔料で良いので、アイキララを使う前に肌の汚れをしっかり落として清潔な状態にしてください。

 

夜、就寝前にケアする時にはメイクをしっかり落としてください。(特に目の下のマスカラが残っていることが多いので、こすらずに丁寧に落としてください。)

 

2.化粧水

普段使っている化粧水を気になる部分にやさしくなじませて肌を整えます。

 

3.アイキララ

アイキララ,使い方
アイキララを手の甲にとって少しずつ薬指の腹の部分にとりながら、目の下の気になる部分の上からトントンとやさしく叩くようになじませていきます。

 

そしてクリームがしっかり馴染んだのを確認したら薬指の腹で内側から外側に向かってやさしく伸ばしていきます。

 

最後に肌の内側への成分の浸透を高めるために、手のひら全体で目の上を覆うようにして温めます。

 

なおこの時使用するアイキララの量は1プッシュを左右両目に分けて使用します。

 

アイキララの容器は1プッシュが一回分なので適量を簡単にとることが出来るようになっています。

 

1本で約1ヶ月使用することができます。

 

4.乳液

最後に乳液やクリームで肌にフタをしていきます。

 

乳液やクリーム、オールインワンジェルのような油分の多いアイテムをアイキララの前に使ってしまうとフタがされてしまってアイキララが浸透しません。

 

 

>>アイキララが楽天より安い最安値の通販はこちら