目の下のクマを放置していると

 

目の下のクマが出来てしまって、それでもまだ気にするほどではないと思っていたらどんどん酷くなってしまったなんてことは無いですか?

 

目の下のクマは年齢が現れやすいので、放っておくと年齢より老けて見られてしまう原因にもなります。

 

また疲れて見えたり、不健康そうに見えたりと相手にマイナスの印象を与える原因にもなるので出来れば早いうちになんとかしたいものです。

 

そこで目の下のクマが酷くなる原因とその対策について考えて見ましょう。

 

 

目の下のクマが酷くなる原因

 

主な目の下のクマが酷くなる原因には、目の周りのコラーゲンの減少があります。

 

目の周りのコラーゲンは年齢を経るについれてどんどん減少していきます。

 

なぜなら若い内は目の周りの組織に十分なコラーゲンの生成能力があるのですが、年齢を経るにつれてどんどん低下していって、40代になれば20代の半分ほどのコラーゲンの生成能力しか無いと言われています。

 

目の周りのコラーゲンが減少してしまうと、目の周りの皮膚がハリと弾力を失ってたるんでしまって影が出来てそれにより目の下のクマが出来てしまいます。

 

目の下のクマが酷くなるもう一つの原因が目の周りの毛細血管の血流が滞ってしまうことがあげられます。

 

目の周りにはたくさんの静脈が通ってますが、これが滞ることにより青黒く外部に透けて見えてしまってクマとなってしまいます。

 

目の下のクマを解消する効果的な方法

 

目の下のクマを解消するにはその原因を取り除くことが大切です。

 

目の周りのコラーゲンの減少が原因の目の下のクマを解消するためには、目の周りのコラーゲンの生成を活発にさせるアイキララのようなアイクリームが有効です。

 

アイキララにはコラーゲンの生成をサポートするビタミンC誘導体のMGAが配合されているので、加齢により減少してしまったコラーゲンの不足を補って肌にハリと弾力を与えます。

 

その結果目の下のたるみを解消して、たるみによる目の下のクマを解消することができます。

 

また毛細血管の血流の滞りは日常生活の乱れが原因になることが多いので、睡眠不足の解消や、食生活の改善、ストレスの解消等が有効です。

 

毛細血管の滞りによる目の下のクマの原因には、目の下のコラーゲンの減少により目の下の皮膚が薄くなって、毛細血管が透けやすくなっていることも原因の一つです。

 

そこで生活習慣の改善と同時に、コラーゲンの生成を回復させるケアを同時に行うことが非常に有効です。

 

>>アイキララは楽天が最安値なのか?